根菜を買うならさつまいも!大胆すぎる調理法で時短

ズボラクレシピ

今が旬のさつまいも。みなさんどうやって食べますか?
実は、さつまいもはズボ楽家事の強い味方なんです。


さつまいもを時短に活用する方法……それはずばり……!

洗ってそのまま炊飯器!!!!

めちゃくちゃズボ楽なので、ぜひ試してみてください。

さつまいも時短レシピ『炊飯器でさつまいも丸っと蒸し!』

ひつじパパ
ひつじパパ

これはレシピと言えるの?

ねこママ
ねこママ

ラクでうまけりゃなんでもええがな!

はい、ズボ楽家事の極意のひとつに「素材の味を大切に」というのがあります。

凝った料理ばかりが料理ではありません。
おいしければいいんです。

というわけで、さつまいもは丸ごと炊飯器に入れましょう。

大きなものなら切りますが、細め〜中くらいのものなら丸ごと入れてOKです。
溝の汚れや傷など気になる箇所は取り除きましょう!(包丁でもいいし、あらいながら爪でこそいだりしてもOK)


研いだお米の上に、ドンとおいて、そのまま普通に炊飯します。
ごはんが炊けると同時に、蒸し芋が完成!

しゃもじで切れるので包丁要らず!

ごはんに混ぜこんでも、おかずとして使ってもOKです。(ごはん粒が周りについてるのはご愛嬌!)

炊飯器調理のさつまいもは甘い!

炊飯器で蒸したさつまいもは、レンジで加熱するよりもおいしい気がします。

しっとりしていて、甘い。

さつまいもをおいしく調理するには低温でじっくり蒸すとか、私も愛用しているストウブ鍋で調理するのもいいんですが、炊飯器調理もかなりおいしく仕上がります。

なので、私はもっぱら炊飯器で調理しています。

ただし、さつまいもが大きすぎるとやや固め、甘さ弱めにしあがるので、できれば細めの立派ではないさつまいもを使うのがベターです。

わが家では炊飯器調理のさつまいもは子どもたちにも大好評で飛ぶように売れていきますよ。

さつまいもだけ取ってアレンジしてもGOOD

そのままごはんに混ぜて食べてもいいですが、蒸し上がったさつまいもアレンジするのもおすすめです。

ごはんの上からとって、ジップロックにいれて、マヨネーズと混ぜてさつまいもサラダにするととってもおいしい!
手軽に一皿増やせるのがうれしいですね。
枝豆をちらすと彩もばっちりです。

もちろん、ごはんがたしょうくっつくので、神経質にならないのがポイントです。

ぜひ試してみてくださいねー⭐️

タイトルとURLをコピーしました