レンジで麺つゆで昼食作りがラク!在宅ワークのダンナも自分もハッピー

ズボラクレシピ

こんにちは、夫婦ともに在宅ワーク中のねこママです。


先日、「在宅ワーク中のダンナの昼食作りは面倒か」という問題に対して、ズボラにやればちっとも大変じゃないよという話を書きました。
今日は、ねこママ宅の本日のズボラな昼食、「レンジで作ったつゆで食べるうどん」をご紹介します。

うどんは鍋をふたつ使うから面倒くさい

麺類は、用意がラクで昼食の定番ではないでしょうか。
「最近うどん食べてないね」と今朝ダンナが言っていたので、昼食はうどんにしてあげることに。
でも、うどんを用意するとなると、麺をゆでる鍋とつゆを作る鍋、ふたつ使わないといけないのが面倒ですよね。
生麺を使ったり、麺つゆを使えば鍋ひとつでもいけますが、どちらも家になかったので別の解決策を考えました。

麺つゆはレンジでつくれば洗い物が減らせる! 

ねこママは、市販の麺つゆは使いません。
麺つゆだけでなく、ドレッシングや焼き肉のたれなどの用途が限定されてあまりがちなものは基本使わず、基本調味料で手作りします。
薄味派の家族の舌に合わせた味に仕上げられるというメリットもありますが、それ以上に大きいのが節約。
麺つゆや○○のタレ、ドレッシングを買うよりお金もかからず、使いきれずあまるのも防げます。


さて、そこで本題の鍋を使わずに麺つゆを作る件について。
以前、そうめんのつけ汁用に、濃縮タイプの麺つゆを作ったことがありました。
お椀につゆを注いでから、水で薄めて使用しましたが、同様にすれば鍋でうどんのつゆを作らなくてはいいのではないかと着想。

ねこママ
ねこママ

濃縮タイプの麺つゆであれば、水分量も少ないのでレンジ加熱でも構わないはず……。

そんな思い付きから、実行してみました。

【かんたんレシピ★レンジでズボラ麺つゆ】

【用意するもの】

ある程度深さのあるお皿(どんぶりやボウルを推奨)

【材料】(2~3人分)

しょうゆ……50ccほど

みりん……50ccほど

ほんだし…5gくらい

【つくり方】

  1. 深さのあるお皿にしょうゆと、同量程度のみりんをいれる
  2. レンジで適当に加熱(2分くらいかしら)
  3. ほんだしを加え混ぜる
  4. 沸騰させたお湯を注ぐ
  5. 完成

材料の分量は目分量だったので、同じようなレシピを参照しました。
ちなみに、ねこママは同じボウルで斜め切りにした長ネギを加熱してからスタート。


ネギ入りの麺つゆにしましたよ
冷蔵庫にあるさまざまな食材でアレンジできますね。

手抜きがバレず今日もストレスなく在宅ワークのダンナの昼食準備完了

さて、あっという間にネギ入りのうどんができました。
てんかすはのせたものの、これだけだとうどんだと寂しいので、肉野菜炒めも用意。

こちら、コープで買ったちょこっと野菜が入った下味付きの豚肉なので、キャベツと一緒に炒めるだけで超簡単です。
ダンナは降りてくると、うどんを見て

ひつじパパ
ひつじパパ

リクエストどおりだ

大喜びしてくれましたよ。

かんじんのお味はどうでしょうか。
「このうどん、なんか変なところある?」ときいてみましたが、ピンとこないらしく、賞味期限でも切れていたのかと聞いてきました。
まったく違和感なく食べられたようです。


大きな鍋をふたつ出すと洗い物がたいへんですが、後片づけもラクラク。
調理時間もうどんをゆでる時間ぶんだけですみました。


ダンナさんの在宅ワークでイライラしている方など、ごはんづくりの時短をしたい方はぜひレンチンでつくる便利は麺つゆを試してみてくださいね! 

タイトルとURLをコピーしました