圧力鍋とストウブ鍋どっちを選ぶ?時短するならだストウブだ!

おすすめアイテム

共働き家庭のワーママで、料理をなんとか時短したいと考えている方も多いのではないでしょうか。
便利な調理器具を買うと、食事づくりの負担がグッと減ることがあります。


時短調理に便利なアイテムとしては圧力鍋や電気圧力鍋が人気ですが、ねこママのイチ押しはストウブ鍋


今回は、圧力鍋とストウブ鍋それぞれの特徴や違い、なぜストウブ鍋をおすすめするのかをお話ししていきます。

時短調理に便利な圧力なべとは

鍋を密閉して圧力を高めることで、通常の鍋よりも高温・高圧で調理できる圧力なべ。
かたまり肉のようなかたさが気になる食材も短時間でトロトロに煮込めるので、調理時間の時短・光熱費の節約をしたいひとにとって頼りになるアイテムです。

圧力なべのなかには、直火やIHコンロで使うタイプもありますが、なかにはコンロにかけずに電気のちからで調理する電気圧力なべもあります。
電気圧力なべは、火を使わず調理できるので、うっかり焦がしたり火災を発生させたりする心配がないのが魅力です。

圧力なべにはデメリットもある

煮込み料理やカレーにとっても便利な圧力なべ。
しかし、蓋で鍋のなかを密閉させて圧力を高めるため、使い方にはややコツがいります。
また、構造上避けられないデメリットもかかえています。

圧力なべのデメリット5つ

  • 避けるべき食材がある(モチなどの膨らむもの・ノズルを詰まらせるカレールーなど)
  • 圧力がしっかり抜けてからフタを開けないと危険
    加圧途中でフタが開けられない
  • パッキンの劣化など安全点検が欠かせない
  • フタの構造が複雑で洗った後に乾きにくい

もちろん、使いこなしている方もたくさんいらっしゃるでしょう。
しかし、あるていど慣れが必要で、途中でフタを開けることができないため、毎回付属のレシピ集を見ながら調理しないと不安ということも。
場合によってはせっかく買ってもしまい込んでしまうこともあります。

ねこママ
ねこママ

わたしも持っていますが、ちっとも使いこなせず。
お節を作る時にしか出していません。

時短調理ならストウブ(STAUB)鍋がいい

時短調理に便利な鍋がほしいけれど、圧力なべは使いこなせるか不安……というときは、ストウブ鍋を買うことをおすすめします。
途中でフタを開けてはいけないなどの特別なルールもなく、気軽に使える鍋でありながら、時短ででおいしい料理ができるのが魅力です。

ストウブ鍋とは

ストウブ鍋とは、フランスのSTAUB社によってつくられた人気の鋳物ホーロー鍋。
発色のいいおしゃれなカラーで、持っているだけでも気分が上がるアイテムです。

しかしこのストウブ。
素晴らしいのはデザインだけではありません。
鍋に食材を入れてほったらかしておくだけで、食材本来のうまみを最大限に引き出したおいしい料理が完成するうれしすぎる鍋なんです。

ストウブ鍋はほったらかし調理が可能

ストウブは熱伝導率が高く、保温性にも優れているため低温でじっくり調理するのに向いています。
食材をざくっと切って入れて、あとはほったらかすだけ
たったこれだけで、とてもおいしい料理が仕上がるんです。

食材の水分を活かした無水調理も可能ですよ。

料理が完成するまでの時間の長さでいえば圧力なべにはかないませんが、加圧のしすぎなどに気を遣わずに使える点がうれしいですね。
急に手が離せなくなってしまうこともある子育てママにはこうした気軽に使えるもののほうが重宝するのではないでしょうか。

ねこママ
ねこママ

わが家はIHなので、弱火にかけたままお風呂に入っちゃうことも!

ストウブ鍋はとくに子育て世帯にはうれしいアイテム

ストウブ鍋でつくった料理がおいしい……その秘密は、蓋の裏についた「ピコ」と呼ばれる突起。
食材が加熱されて出た蒸気がピコにあたると水滴になって再び食材に降り注ぎます。
こうしてうまみを含んだ水分が対流することで、うまみたっぷりでふっくらおいしい料理に!
塩だけのシンプルな味つけでも、メインとしてじゅうぶん魅力的なおかずができあがります。

ストウブ鍋を使った料理は、とくに小さな子どもがいる家庭におすすめです。
子どもが小さいうちは、薄味にしたり、やわらかめに煮たりと気を使うもの。
ストウブ鍋でつくった料理は食材のうまみを活かしているため、調味料の使い過ぎを心配する必要がありません。
また、お肉も大根もにんじんも、とってもやわらかく仕上がるので、ふだんは食べづらいと嫌がる子どももどんどん食べてくれますよ。

ズボラ主婦ならストウブ鍋がおすすめ

「何を作ろう!」
そうやって悩む時間ももったいないもの。
ストウブ鍋があれば、冷蔵庫にある食材を適当にいれるだけでおいしい料理ができあがります。

食材をいれてほったらかすだけで、家族みんながよろこぶ料理が作れるなんて夢の様ですよね。
困った日のストウブ頼みで、ねこママはなんど救われたかわかりません。

使い方にもコツがいらないので、取扱説明書やレシピを見ながら調理するのは苦手というズボラ主婦にもおすすめです。
ひとつあると料理という家事の負担がグッと減って快適になりますよ。

ぜひあなたもストウブ鍋をゲットして、家族の笑顔に役立ててみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました