子どもに上履きを洗わせたい!オキシ漬けを導入してみた結果は……?

ズボラクレシピ
そのままお風呂の窓にたてかけて水切りしました!

毎週末子どもが持って帰ってくる上履き。
洗うのが億劫だなと感じることはありませんか?

「どうやったらこんなに汚れるの!?」 と思うくらい真っ黒で、ゴシゴシとこすってもなかなかキレイにならず困ってしまいます。

ねこママ
ねこママ

手動の小型洗濯機やら超音波洗浄機などいろいろ試しましたが、どれもパッとせず

「小学生にもなれば、自分が履いた上履きくらい自分で洗わせるもの」
という主人の意見で、近ごろは小1のムスメ本人に洗わせ始めました。
しかし、大人でもキレイにするのが難しい真っ黒な上履きは、子どものちからではちっともキレイになりません。
一応洗うものの、汚れが残りすぎてコッソリ洗い直すことも。

そこで、ふと思い立って試したのが『オキシクリーン』を使った「オキシ漬け」
結果、こすらなくても上履きがすっかりキレイになりました。
この方法を取り入れてから、小学生の子ども本人に自分の上履きを洗わせることができるように。
ねこママはたいへんな上履き洗いから解放されることができました!

今回は『オキシクリーン』を使った「オキシ漬け」で上履きを洗う手順や、どれだけキレイにできるのかについてご紹介してきます。

オキシ漬けとは

「オキシ漬け」とは、『オキシクリーン』というアメリカ発の酸素系漂白剤でおこなう漬けおき洗いの愛称
『オキシクリーン』の酵素のちからで汚れを分解する働きを利用し、商品を溶かした水に汚れ物を漬けおきするだけという手軽さが魅力です。

また、漂白剤特有のツンとしたにおいがないことや、色柄物にも使える(洗濯表示は要確認)ことなど、使いやすいのもうれしいですね。

『オキシクリーン』には日本版とアメリカ版があるようですが、どちらでもオキシ漬けは問題なくできるようです。

オキシ漬けのやり方

オキシ漬けのやり方はいたってかんたんです。

オキシ漬けの手順

1.バケツや洗面器など、漬けおき用の容器にお湯(40℃~60℃)をいれる。

2.『オキシクリーン』をお湯に溶かす。

3.汚れ物を漬ける。

4.しばらく放置(1~6時間)。

5.よくすすぐ(衣類の場合は洗濯機で洗う)

用意するもの

★『オキシクリーン』

★漬け置きする容器

★お湯(40℃~60℃)

★ゴム手袋(肌の弱い方)

オキシ漬けに最適なのはお風呂!

オキシ漬けでは40℃~60℃のお湯を使用します。
お湯を使うのは、酵素の働きが活性化して汚れ落ちがよくなるため。
なるべく60℃に近いほうが汚れがよく落ちるようです。

でも、お湯をわざわざ沸かして用意するのって、ちょっと面倒ですよね?

そこで試してほしいのが、お風呂の残り湯を使う方法
いざつけ置きというタイミングで、お風呂の残り湯がまだ温かければ使わない手はありません。
なかにはTOTOの魔法びん浴槽など、高断熱でお湯が冷めにくい浴槽もあります(5時間で2.5℃しか下がらないんだとか)。
そこまで温度を保てていなくても、上履きていどならわざわざ60℃のお湯を用意する必要はないでしょう。

上履きなら、お風呂場にある洗面器にも入るサイズなので洗い場にはお風呂がぴったりです。

実践! オキシ漬けで上履きはきれいになるのか

では実際にオキシ漬けで上履きを洗ってみましょう。
子どもひとりでも本当にキレイにできるのか検証です。

1)洗う前の上履きの汚れはこんなカンジ

今週は、いつも以上に上履きが真っ黒でした!
ここまでくると買い替えたくなってしまいますね。

ねこママ
ねこママ

どうやったらこんなに汚くなるの!!

ほんとうに、この汚れがキレイにできるのでしょうか。

2)お風呂場で残り湯を使って漬けおき

まずは金曜日にお風呂に入り終わったらオキシ漬けをします。
お風呂の残り湯の温度は、触ってややあたたかいくらいなので40℃にやや届かないくらいでしょうか。

洗面器にお湯を入れて、『オキシクリーン』を入れます。
商品パッケージには、水4Lに対してキャップ1杯となっていますが、目分量でキャップ半分弱入れました。

上履きの先端でくるくる溶かして、そのまま漬けておきます。

12時間経過! こすってないけどキレイかも

本来は漬け置き時間が1~6時間ですが、翌朝洗ったので12時間漬けておきました。
(長く漬けても効果はないそうです)

すると、すでに汚れがだいぶ落ちてきれいになっています。
こすらずにこれだけ汚れが落とせるのはすごい!

子どもでもキレイにできた!

オキシ漬けした上履きを子どもに自分で洗わせてみます。
手荒れが心配なので、ゴム手袋をしっかり着用させましょう。
小学1年生であれば、ふだん母が使っているSSサイズのゴム手袋でもなんとかはめることができました。

ほかの洗剤は使わず、オキシ漬けした液のみで汚れを落としていきます。
こすり方がヘタだったのでやや指導しましたが、子どもが自分で洗ったとは思えないほどすっきりきれいになりました

子ども自身も、きれいに洗えたので洗いがいを感じたらしく、友達に自慢しようと言っていましたよ。

ムスメ
ムスメ

ちょっと洗うのが楽しくなってきた!

裏もこんなにきれい!!
そのままお風呂の窓にたてかけて水切りしました!

まだある! タオルやお風呂グッズの洗浄に大活躍

オキシ漬けは上履き洗い以外にも、タオルの漂白やお風呂場のおもちゃ洗面器の洗浄、キッチングッズの茶渋落としなどにも使えます。
また、オキシ漬け以外にも、衣類のお洗濯に『オキシクリーン』を足して汚れ落ちや消臭に役立てる「オキシ足し」や、床や壁の汚れをふき取る「オキシ拭き」といった技も。
頑固な汚れに『オキシクリーン』のペーストを塗布するなんて方法もあるそうです。

上履き洗い以外にも幅広く使えて、『オキシクリーン』をひとつ家に置いておくと、ラクにキレイなくらしを手に入れることができそうですね!

黒ずんだタオルのオキシ漬けもやってみました。
ちょっときれいになったけど、ここまでなる前に定期的にやるべしというカンジでした。

オキシ漬けで子どもに自分で上履きを洗わせよう

オキシ漬けを活用することで、子どもが自分で上履きをキレイに洗うことができるようになりました。
子どもの教育にも、ママ・パパの負担軽減にもなって
いいですね。

ただし、小さな子どもに自分でオキシ漬けをさせる際は、目に入ったり顔にかかったりしないようじゅうぶん注意して使用させるようにしてくださいね。
また、子どもの手肌は大人よりも敏感なので、ゴム手袋もしっかり使うようにしたほうがいいでしょう。

あなたもぜひ『オキシクリーン』で、子どもに自分の上履きを自分で洗えるようにさせてみてはいかがですか?

タイトルとURLをコピーしました