はじめての確定申告ズボラ主婦でも難しくなかった!【正社員からWEBライターへ】

節約・お得術

こんにちは、2度目の育休復帰に挫折し、在宅でフリーのWEBライターをしているねこママです。
フリーで働くことになると自分でやらないといけないのが確定申告。

ねこママは今までふるさと納税や医療費控除で確定申告をしたことはありましたが、仕事の収益に関する確定申告は去年が初めて。
しかも、当初はテレアポで働くつもりで結構稼ぐ予定(!)だったので、青色申告を申請し、複式簿記も必要に。
一年の途中で正社員からフリーライター(正確には、テレアポの業務委託を挟んでいますが)へ転身したので、正社員時代の収入との兼ね合いがどうなのかなども色々悩みました。

今回は、一年の途中に正社員を退社して青色申告で確定申告をはじめてするWEBライターについて体験談をまとめます。

  • 一年の途中で退職したひと
  • はじめて青色申告をするひと
  • 源泉徴収された税金を取り戻したいWEBライター

上記のような方はぜひ読んでみてくださいね!
やってみれば意外と難しくなかったので、ぜひ参考にしてみてください。

退職した人は確定申告で税金が戻ってくる?

給与所得がある人は、源泉徴収で税金が引かれて支給されます。
住民税については、一年間に得た所得に対して翌年以降税金を支払うことになるわけですが、所得税については概算で毎月の給与から源泉徴収されているわけです。

そのため、一年の途中で退職した場合、税金を払い過ぎている可能性があります

ねこママ
ねこママ

ええええええ!!!

税法上、年収103万円以下の人は所得税がかかりません。

年の途中で退職をして他に収入がない人は、確定申告をすることで源泉徴収されていた税金を還付してもらうことができます。

また、給与所得の他に収入があっても、給与所得から給与所得控除の65万をひいた額と他の所得の合算が、基礎控除の38万を超えない場合は所得税はかからず、払いすぎた税金は還付されます。

私の場合、給与が95万あり、業務委託で稼いだ金額が20万位ありましたが、青色申告を選択したことで青色申告特別控除65万で業務委託の収入分が帳消しになり、合計の所得が基礎控除に収まりました。

これによって、17,000円の還付を受けることができましたよ!

ひつじパパ
ひつじパパ

頑張ってやったかいがあったね!

青色申告をすれば支払う税金が減らせる!

青色申告と聞くと、難しそうだ面倒だと感じる人が多いかもしれません。

しかし、青色申告にはメリットがたくさんあるので、ぜひ苦手意識を持たずに挑戦してみましょう!

青色申告とは

確定申告には、青色申告と白色申告の2種類があります。
青色申告を行うには、一年間の収入や経費について複式簿記で正しく記帳をして、帳簿を保管する必要があります。

しかし、その面倒な手続きをとることで以下のようなメリットを受けることができます。

  • 青色申告特別控除を受けられる
  • 青色事業専従者給与の必要経費算入ができる
  • 純損失の繰越ができる
  • 貸倒引当金を計上できる

いろいろメリットがありますが、WEBライターにとって一番にメリットになるのが青色申告特別控除です。

青色申告特別控除を受けると、事業所得から最高65万円を差し引くことができます。

これを活用すれば、支払う税金を減らすことができてお得ですね!

ねこママ
ねこママ

稼ぐのって本当大変だからうれしい!

青色申告には開業届提出必要!便利なサービスもある

青色申告をするには、事前に税務署に開業届を出して、青色申告承認申請書を提出しないといけません。
期限も決まっていて、青色申告の承認を得たい年の3月15日までに提出する必要があります。
ただし、その年の1月16日以後に新しく開業したという場合は、業務を開始した日から2ヶ月以内に提出することとなっています。

開業届や青色申告承認申請書を作成するには、開業freeが便利です。

指示に従って入力していくだけで簡単に書類を作成できます。

ねこママは不安だったので、開業freeで作成した書類を念のため税務署に持参しようとしていたのですが、子どもが体調不良でなかなか行けなかったので、そのまま税務署に郵送しました。

無事受理された連絡をもらえましたよ!

複式簿記で日々の取引を記帳しよう

青色申告をするには、日々の取引を複式簿記で記帳しなければなりません。
しかし、WEBライターとして細々収入でやっていくくらいであれば、会計ソフトを使用しながら調べながらやれば、それほど難しくはありません。

私が使用しているのはやよいの青色申告オンラインです。

インストール不要で使えるクラウド青色申告ソフトで、一年間無料で使えます。
無料で使えるので、はじめて青色申告に挑戦するという人でも気軽に試してみることができるのでおすすめです。
まだ事業を始めたばかりで、今後続けていけるのか不安という人にもいいかもしれないですね!

未入金の売掛金はどうしたらいいの?

それほど帳簿付けすることがないとはいえ、いくつか疑問には直面しました。
そのひとつが、「12月末時点でまだ入金されていない売掛金はどうしたらいいのか?」という問題。

ライターとして執筆した記事を納品して請求書を書いたら、帳簿には貸方に売上、借方に売掛金として処理をします。
そして実際入金があったら、借方に売掛金、貸方に普通預金として記帳をしました。

しかし、請求した金額が入金になるまで2ヶ月くらいかかるのはふつうです。
12月末時点でまだ未入金の分はどうしたらいいのか悩みました。

調べた結果、これは売掛金としてそのまま残して問題ないということでした。

ねこママ
ねこママ

困ってもWEBで調べれば大体答えは書いてあるので安心ですね!

源泉徴収税はどう計上したらいいか?

原稿料は源泉徴収の対象です。
やよいの青色申告オンラインでは、売上を入力する時に源泉徴収を選択して入力することができます。

源泉徴収に関しては、売上発生時点で計上して、源泉徴収を引いた金額を売掛金として計上しても、入金があった時点で売掛金から普通預金に振り替える時に事業主貸として計上しても構わないようです。

しかし、確定申告をする時に源泉徴収票を添付する必要があります。

12月に確定した売上でも、クライアントが支払うのが1月以降になる場合には源泉徴収票は翌年の分として送付されるようです。

この場合、売上発生時点で源泉徴収を計上してしまうと、源泉徴収票がない部分が出てきてしまいます。

そのため、年末時点で未入金の分に関しては、売上発生時点では全額売掛金として処理。
入金があったときに源泉徴収分を計上することとしました。

税理士の無料相談会が使える!

やよいの青色申告オンラインを使うと、思ったよりも簡単に確定申告の書類を作成することができました。

まだ取引が少なく、経費などがなかったためだとは思いますが、いくつかの疑問点もなんとか調べながら解消することができました。

しかし、はじめての青色申告。
なにかと心配です。

そんな時、便利なのが税理士の無料相談会です。

開業届を出していたので、税務署から無料相談会の案内が送られてきました。

何か相談するにしても税務署まで行かないといけないと思っていたのですが、いくつかの市役所などでも相談会が行われ、確定申告書を書く指導をしてくれるというのです。

私は家から税務署は少し距離があるのでためらっていましたか、なんと家から徒歩5分の市役所で相談会があるというので行ってきました。

相談会は1週間ほど、朝9時から午前午後と分かれておこなわれていました。
作成した書類を持参し相談に行きましたが、会場には10名ほどの税理士さんがいて相談を受け付けていました。

75番の番号札でしたが、1時間ほど待つと案内されました。
青色申告がはじめてであること、給与所得もあるので心配なことを伝え書類をみてもらいました。

細かい仕分けなどまでは見られないと言われましたが、ざっくりといつもやっている仕分けの流れを話、問題ないと、聞けたのでとても参考になりました

さらに、書類を軽くチェックしてもらったあとそのまま預かってもらえました!

本来なら、レターパックにでも入れて税務署に郵送するか、電車に乗って税務署に持参するかする予定だったので、郵便代・交通費も浮いてラッキーでした。

フリーライターの確定申告は怖がらずにやってみよう

正社員として働いていて、一年の途中に退社。
その後フリーライターとして働き始め、青色申告を申請し、確定申告が必要になりました。

しかし、確定申告はズボラ主婦のねこママでも、意外と簡単にできました。
サポートしてくれるサービスもたくさんあります。

メリットがたくさんあるので、ぜひ「なんだか難しそう」と怖がらずにトライしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました