揚げない&手も汚れないエビフライが簡単うまい!【お弁当にも】

ズボラクレシピ

わが家の7歳のムスメはエビが大好物。
エビフライが食べたいと言うことがちょいちょいあるのですが、私はシーフードを調理するのが苦手なうえ、揚げ物も一切しないと心に決めているズボラ主婦です。

ムスメ
ムスメ

ママ!エビフライ食べたい

ねこママ
ねこママ

ええええ!!!

めんどくさっ

大体はスーパーのお惣菜で済ますのですが、ふと思い立って実践したお手軽方法がラクすぎ&おいしすぎでした。

今回は、エビフライ作りをラクにこなしたい方におすすめの調理法をご紹介します!

ラクうまレシピ!揚げないエビフライ

材料

  • エビ(下処理済み)
  • マヨネーズ
  • パン粉

作り方

1、まずは下ごしらえ済みでそのまま使えるエビを用意しビニール袋に入れます。
冷凍品でもOKですが、冷凍品の場合は冷蔵庫に移して解凍させてから使ってください。

サクッと仕上げたい場合は、エビの水分をしっかり拭くとよさそうです。

ねこママ
ねこママ

ちなみに私は面倒くさがって半解凍状態のエビをそのまま使って仕上げています。サクッと感は損なわれますが、これはこれでおいしく仕上がります。

2、袋の中にマヨネーズを投入します。

袋の上から揉んでマヨネーズをまんべんなく付けたら、パン粉を投入して袋を振ってまぶします。

マヨネーズの分量は、パン粉がくっつく量でOKです。

水分を取っていないのでべちゃッとしてますが……。

3、トースターまたは、揚げ物調理が可能なスチームオーブンレンジで加熱していきます。

トースターであれば、アルミホイルの上に置きましょう。加熱時間は5分程度で火が通っているか様子を見てください。

スチームオーブンレンジ(私は『ビストロ』を使用)であれば、それぞれの付属レシピなどを参考に加熱時間は適当にご判断を。

4、完成!

まっすぐなエビフライに仕上げたい場合は、切り込みを入れてまっすぐ伸ばしてから調理しましょう。

でも、手間なく仕上げた丸まったエビフライは、お弁当にはぴったりです。

今回は冷凍エビから出た水分をふき取らずに仕上げたため、衣とエビの中間はまるでホワイトソースみたいなとろっとした食感に。エビとマヨネーズの味がまざって、これが結構おいしいんです。

子どもたちにも大好評で飛ぶように売れました。

マヨネーズ×トースターorオーブンレンジでエビフライもラクラク!

私は揚げ物もできるスチームオーブンレンジ『ビストロ』を愛用していますが、ビストロ付属のレシピでは、フライは小麦粉をはたいた後に油に混ぜたパン粉をつけて調理することになっています。

でも、マヨネーズならもっとラクで味も決まります。

揚げ物調理ができるスチームオーブンレンジを持っている人もいない人も、ぜひ試してみてくださいね★

タイトルとURLをコピーしました