電動鼻吸い器は必要?絶対買うべき理由&メルシーポットのレビュー

子育てグッズ

まだ鼻をかめない子どもの鼻水対策に便利な電動鼻吸い器。しかし、やや高額なこともあって購入をためらうという方もいるでしょう。

わが家にはふたり子どもがいますが、一人目のときは手動の鼻水吸引器を使用。ふたり目のときに電動鼻吸い器メルシーポット』を購入しました。

いざ使ってみて、一人目のときから使っておけばよかったな……とすごく後悔しています。

今回は、電動鼻吸い器を絶対買った方がいいとおすすめする理由と、電動鼻吸い器メルシーポット』を実際に使ったレビュ、『メルシーポット』のおすすめの使い方をご紹介してきます。

電動鼻吸い器は必要!子どもの鼻水は家庭で除去が大事!

子どもが風邪を引いて鼻水を出すのは体を守る反応のひとつ。
小児科の先生にも、鼻が出るのは見た目は悪いけれどいいことだよと言われました。

でも、鼻水を放っておくのはNG
しっかり家庭で鼻水を取り除いてあげることが大切です。

電動鼻吸い器で急性中耳炎対策!

子どもが風邪を引いて鼻水を溜め込んでしまうと、急性中耳炎に繋がることも多いそうです。
中耳炎は子どももかなり痛がるので、しっかり防いであげたいですよね。

病院に行くと、機械で鼻水を吸引してもらえます。
かなりたくさん鼻水を吸ってもらえるので、さぞかし効果的なんだろうなと思うのですが、病院の鼻水吸引だけではケアは足りません。

鼻水は一度吸ってもすぐに溜まってしまいます
大人が鼻をかむように、こまめに排出するのが大切です。
自分でうまく鼻をかめない子どもには、家庭でこまめに鼻水吸引してあげることが必要になります。

電動鼻吸い器を使うことで鼻水吸引のためだけに病院に通う必要がなくなり、負担軽減にも役立ちますよ。

鼻水放置で中耳炎から滲出性中耳炎につながる原因にも!?

子どもが風邪を引いたら、中耳炎を予防するためにも電動鼻吸い器でしっかり家庭ケアしてあげることが大切です。
中耳炎を引き起こすと、それが治り切らず、滲出性中耳炎というさらにやっかいな病気につながってしまうことも。

まさに長女がそうで、風邪のたびに急性中耳炎を繰り返し、その影響もあってか、滲出性中耳炎と診断を受けました。
滲出性中耳炎とは、鼓膜の奥に液体がたまって、聞こえが悪くなる病気です。

ねこママ
ねこママ

治療のために週3回耳鼻科に通う生活が3年くらい続き、本当に大変でした。

また、滲出性中耳炎は難聴や言葉の発達にも影響すると言われています。
うちのムスメも小学校に上がるタイミングで発音があやしいねと指摘され、ことばの通級に通いトレーニングを受けています

そうしたたいへんなことにならないためにも、鼻水をしっかりケアしてあげることが大切です。

電動鼻吸い器ではなく手動鼻水吸引器ではだめなの?

電動鼻吸い器はやや高額。使用期間も子どもが鼻をかめるようになるまで……と限られるので、購入をためらってしまいますよね。
でも、電動鼻吸い器よりも手動の鼻水吸引器をおすすめします。

長女のときは、手動の鼻水吸引器『ママ鼻水トッテ』を使っていました。
でも、手動の鼻水吸引器だと、吸引力がやはり頼りないです。

また、鼻水が逆流しない構造になっているとはいえ、風邪をもらってしまうような心理的負担があります。(とにかく毎回風邪をうつされたので)
口をつけて吸うため、頻繁に鼻水を除去する際にパパと共通で使えず毎回自分ばかりが鼻水処理をしなければならないのも負担でした。

風邪薬に頼るのも心配!小児科医にもすすめられた電動鼻吸い器

ムスコはウエスト症候群というてんかんの持病を持っています。
ムスコの持病を知っているかかりつけ医に、てんかん持ちの子には抗ヒスタミン薬はあまりよくないよと言われたことがあり、薬を処方してもらうときはちょっと気を使います。

調べてみると鼻炎などに対して処方される抗ヒスタミン薬は、てんかん発作を誘発する可能性があるそう。
また、てんかん持ちでなくても、熱性けいれんを起こした際に、その前に抗ヒスタミン薬を飲んでいると、けいれんの持続時間が長くなるという調査結果もあるそうです。

薬の服用も怖いな……と感じていた時に、てんかんの主治医から勧められたのが電動鼻吸い器です。

風邪対策には、薬よりも鼻水を吸ってあげることがいちばんとのこと。
家庭でもしっかり吸えるように電動のものが便利だよと教えてもらいました。

電動鼻水吸い器は医療費控除の対象になる!

『メルシーポット』など、電動鼻水吸い器は「医療用器具」に含まれ、医療費控除の対象になります。
医師の指示による購入でなくてもOKで、Amazonや楽天などネットショップでの購入でも対象です。

医療費控除とは、1年間にかかった家族全員分の医療費が10万円以上の場合、医療費の一部が所得税から控除される制度。
確定申告が必要なうえ、還付も電動鼻水吸い器の購入金額全額というわけではないので手間に対してゲットできる金額は少ないものの、購入するなら使わない手はありません。

ふだんは医療費に年間10万円もかけないよ……という家庭でも、妊娠出産のタイミングでは医療費控除の対象になる場合も多いので、出産直後に購入しておくのがいいかもしれないですね。

ねこママ
ねこママ

これなら高額ですがちょっと買いやすくなりますね!

電動鼻吸い器『メルシーポット』をレビュー

電動鼻吸い器にもたくさんの種類がありますが、わが家で選んだのは、シースター『Baby Smile 電動鼻水吸引器 メルシーポット』。

家庭でも耳鼻科レベルの強力吸引ができると話題で、「ママリ口コミ大賞」や「たまひよ赤ちゃんグッズ大賞」など数々の賞も受賞したアイテムです。

電動鼻吸い器『メルシーポット』の使い方は難しくない?

マンガマニュアルで分かりやすい!

電動鼻吸い器『メルシーポット』を購入すると、マンガで書かれたマニュアルが付いてきます。(たぶん今も付いてくると思います)

イラストで見やすいため、使い方はとてもスムーズに理解できます。
使いこなせないかも……という心配はいりません。

基本的にスイッチを入れて使うだけなのでとてもラクです。
気軽に使えるのでこまめに鼻水を吸ってあげられますよ。

手元調整できる「ベビちゃんクリップ」が便利!

『メルシーポット』には、チューブをクリップで押さえて手元で操作できる「ベビちゃんクリップ」が付いています。
これが、とにかく便利。

クリップを押さえて吸引力を高めてから一気に据えるので、ジュジュっと快適に吸えます。

また、嫌がる赤ちゃんに狙いを定めてから一気に吸引してあげられるのも使い勝手がいいです。

使いやすさは◎!

電動鼻吸い器『メルシーポット』の実際の吸引力は?

耳鼻科レベルとうたわれる吸引力にひかれて『メルシーポット』の購入を検討している方も多いでしょう。
結論から言うと、耳鼻科レベルに鼻水を除去できるわけではないと思います。

吸引力自体はすごいのかもしれませんが、看護師さんたちのように上手に吸えません。
病院のように「チューブに鼻水が流れていく!」とまではいかず……。

ねこママ
ねこママ

もちろん上手なママ・パパもいると思いますが


鼻水吸引ポイントというのがあって、そこにむけて吸わないといけないようなので、ここは使用者のテクに左右されるようです。

ただし、手動タイプとは比較にならないほどよく取れます
病院の代わりにはなりませんが、家庭でこまめに鼻水を除去するという目的を果たすには十分だと思います。

電動鼻吸い器『メルシーポット』のお手入れは面倒?

『メルシーポット』のお手入れは、わが家にとってはそれほど大きな負担にはなっていません。

毎回の使用後は、少量の水を吸ってノズルをちょっときれいにするだけ。
タンクも大きいため、手動タイプのようにこまめに鼻水を捨てる必要もありません。
毎度のお手入れはラクなので、こまめに鼻水吸引できます。

あとは、毎日の終わりに洗浄をします。
ここはやや面倒。
パッキンなどをすべて外して洗浄するので、結構手間です。
チューブの中の鼻水も除去しずらく、ややイライラ……。

ねこママ
ねこママ

わが家では面倒なので、鼻水がたまるタンクとチューブのみ洗ってあとはあまりまともにキレイにしていません。

神経質な方にはちょっと使いにくく感じるかもしれないですね。

電動鼻吸い器『メルシーポット』は邪魔じゃない?

据え置き型の電動鼻吸い器は強力な吸引力が魅力な一方、手動のものに比べて場所をとるのが難点です。

しかし、『メルシーポット』はペットボトルよりも高さがないコンパクト設計
それほど邪魔になりません。

また、100均アイテムを活用することで、もっと快適に使用できます。

さらに快適!電動鼻吸い器『メルシーポット』おすすめの使い方

コンパクト設計とはいえ、子どもが風邪を引いていないときにすぐ手に届くところに出しておくには邪魔です。
また、子どもが風邪で使用しているあいだも、チューブがあるので何かに入れてまとめておくのがベター。

そこで、わが家では100均で買った取っ手付きのカゴの下にタオルをしいて、そこに『メルシーポット』を入れて使っています。

ふだんはカゴに入れて、洗面所の棚の高いところへ。
風邪の時以外にはあまり見たくないこうしたグッズは、目線よりも高い位置にしまっておくのがベストです。

子どもが風邪を引いて鼻水が気になるようになったら、取っ手を持って出してきます。
洗濯機のうえに置きっぱなしですが、カゴに入っているのでごちゃごちゃ感がなくていいですよ。
鼻水を吸ったチューブをひっくり返すと鼻が逆流してくることがありますが、カゴに入れておけばその危険も減らせます。

吸引前にすこし水を吸ってからスタートしますが、その際に小さなカップをつかっていますが、それもカゴに入れられるのですっきり。

一日の終わりに洗って乾かしますが、それもカゴのなか。
タオルを敷いているので、水に濡れていてもそのまま置けます。

ねこママ
ねこママ

ぜひお試しあれ!

ほかにおすすめの電動鼻吸い器は?

『メルシーポット』はおおむね使いやすい電動鼻吸い器ですが、レビューでも見たとおり、洗浄のしにくさがややネック。
私のようにいい加減でOKと割り切れればいいですが、神経質な方にはちょっと使いにくいかもしれません。

そこで、もし洗浄のしにくさが気になるという場合に選択肢に挙げられるのがピジョンの電動鼻吸い器のほうがいいかも……。
チューブに鼻水が流れ込まず、洗う部品数も少ないのが魅力です。

吸引力もしっかり高いらしいので、ストレスなく使用できそうですね。

もちろん、こちらも医療費控除の対象になります。

ねこママ
ねこママ

ただ、『メルシーポット』のベビちゃんクリップが便利なのでそれがないのがどうなのかな~という気もします。

どっちを取るかですね~

電動鼻吸い器はいつまで使うの?

小さな子どもがひとりで鼻をかめるようになるのは、2~3歳ごろらしいですが、わがやの3歳8カ月のムスコ、いまだに鼻がかめません
個人差があるようですが、まあ3年ていどは使えるとみていいでしょう。

しかも、保育園などいけば本当に一年中風邪を引いているような状態です。
ムスコは2歳児クラスの途中(3歳半くらい)でやっと風邪を引きにくくなりました。
ムスメは、3歳児クラスになるまでずっと風邪を引いていました。

3歳ごろまでは、本当に大活躍してくれるアイテムです。

電動鼻吸い器は買って損のない育児の神グッズ

電動鼻吸い器は、やや高額なうえメルカリなどでも売りにくい品なので購入はややためらうものの、買って損のないグッズです。
中耳炎などの予防につながり、使用も難しくありません。
3歳ごろまで大活躍してくれます。

私が使っているのは『メルシーポット』ですが、洗浄のしにくさが気になる場合はピジョンの商品もよさそうです。
ぜひ比較してよさそうなものを購入して役立ててくださいね!

タイトルとURLをコピーしました